必要保障金額を決める目安

どんな人が掛け捨て保険に向くのでしょう。一言でいうと、これから新しく生命保険に加入しようとされている方は掛け捨て保険が有利なことが多いようです。日本人は、物にはお金を払っても、サービスや保険にはあまりお金を使いたがらないものです。

とくに生命保険のように年間で約67万円、30年で2000 万円のものを保険として支払うことには抵抗があるのでしょう。しかし、私はこんなときだからこそ、「掛け捨て保険の有利さ」に気づいて頂きたいと思うのです。掛け捨て保険は、払った保険は掛け捨てが原則です。

しかし、その分少ない保険料で大きな保障を確保できるのです。また、貯蓄型の保険に加入していたとしても、実際には、払った保険料は、預貯金運用部分と掛け捨て的な保険部分に分けられていて、支払った保険料の全てが預貯金として運用されているわけではありません。

貯蓄型の保険は、保険会社に20年、30年といった長期間に渡って預貯金をしているようなものです。しかし、日産生命や東邦生命の破綻がしめすように、今後、他にも生命保険会社のなかには経営破綻の危機を迎えるところもあるでしょう。

いや、今は健全な会社であったとしても、今後20年、30年といった長期のうちには、経営状態が悪化してくる生命保険会社も出てくるかもしれません。つまり、貯蓄型保険に加入するならば、そうした将来に渡っての会社の健全性までも見越して入るのが理想的なわけです。

しかしながら、現状の経営状況もきちんと明らかにされていない現状です。ですから、貯蓄型保険の選択は大変難しいと言わざるを得ません

しかし、掛け捨て型保険であれば、どちらかというと会社の長期的な経営状態にまで気を使う必要も少ないのです。掛け捨て保険は支払った保険料が戻ってこないというもどかしさはあるかもしれません。ただ保険料が安くなった部分は、銀行などの預貯金に回すことができるのです。わたしは、保険会社は銀行ではないと思います。

保険会社とは万が一の時の保障だけを購入する「掛け捨て保険」を中心に保険と付き合っていかれることをおすすめしたいと思います。しかし、このようなリスクを考えても、すでに生命保険に加入し、貯蓄型の生命保険( 終身保険、養老保険、個人年金保険など) の保険料を払い続けてきた人まで掛け捨て保険が得だとはいえません。

必要な保険金を考えるときにも、こうした時間的価値を考える必要があることを申し上げたいのです。それから、最後に付け加えますが、先ほど例に出した妻は40年間で9000 万円必要で、そのためには4413 万円あれば、預金が利息を生んで9000 万円にしてくれる、と説明を進めてきましたが、実は4413 万円も要らないのです。

なぜなら、あとで説明しますが、日本では公的な社会保険制度が比較的充実しているので、例えば妻は夫が亡くなったあと、毎年遺族年金がもらえる可能性が高いのです。

こうした制度からのお金も考えると必要な保険金額はさらに少なくなります。本当に必要な保険金額について考えるときに考慮しなくてはいけないことはたくさんあります。それについては、後で詳しく説明します。こうしたことも考えながら、あなたに必要な保険金を考えてみましょう。