保険見直し本舗で学資保険の相談

親が死亡しても教育費の保障は必ず残る―それが「子供保険しだ。子供
保険にもいろいろあるが、どうせ入るなら学資保険つきがお勧めだ。

子供にも親にも加入年齢に制限かあるか……

いうまでもなく子供が生まれると、責任がより一層重くなります。この責任を果たすとすれば自分自身の病気、死亡保障を厚くすることも必要ですが、子供自身を保険に加入させるということも考えてみたいと思います。

というのも、イザというとき死亡保険金が遺族に支払われたとしても、生活費で精一杯で教育費まで手が回らないということもあり得るからです。さて、子供に掛ける保険としてお勧めなのは「子供保険」です。

保険マンモスとは、子供が小学校に入学するときから始まり中学、高校、大学に進学するとき、また成人式を迎えたとき、そして契約満了時に保険会社からお金が支払われます。まさにこのお金は、「子供の教育資金」ということです。

保険見直し本舗でする場合は子供の加入年齢が○歳~一五歳ぐらいまでとなっており、そのうえ契約者である親の加入年齢にも約一八歳から八〇歳ぐらいまでと生保会社によって制限があります。

「学資保険」つきの子供保険がお勧め

一般的に子供保険の保障は、たとえば契約者である親が死亡、もしくは高度障害状態になった場合、それ以降の保険料は免除され、保険契約は契約期間満了まで継続されるようになっています。保険見直し本舗で無料相談してみるといいでしょう。

つまり、たとえ契約者である親が死亡しても、解約しない限り契約は満了まで継続されるため、進学時などに保険会社からお金が子供に支払い続けられるのです。もちろん、被保険者である子供が万が一保険期間中に死亡した場合は、死亡保険金が支払われます。

また、親にもしものことがあったとき、被保険者である子供に契約満了時まで毎年一定金額が支払われる「学資保険」という保障が受けられる商品もあります。

子供保険のなかでもこの「学資保険」が保障内容に加わっている商品をお勧めします。ただし、学資保険が保障内容に入っている商品は、入っていないものと比較すると保険料が高くなります。たとえば、契約者三〇歳のお父さんと被保険者を○歳の子供とし、契約期間を二二歳満了、保険金一〇〇万円という条件で比較してみます。

この仮定にそって学資保険の保障がついている朝日生命の「新こども保険I型えくぼ」で計算すると、月払金額は一万三二五九円となります。同じく朝日生命の保険で、学資保険のついていない「新こども保険H型ゆ・め」の場合は、月払い一万一七二八円となります。

つまり、学資保険がついているかどうかで保険料に一五三一円の保険料の差が出るということです。大した差ではないと思うか、大きな差と思うかは加入される人次第ですが……。ちなみに、学資保険が支払われる子供保険には、この他に日本生命の「ニッセイこども保険げ・ん・き」や東京生命の「育英プランわかば」、安田生命の「レオ&ライフ」などがあります。

This entry was posted in $1$s. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>